サクラサク

さだまさしが自身の父親との思い出を下敷きに描いた小説を映画化

サクラサク

サクラサク

2014年 日本

監督:

田中光敏

配給:

東映

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://sakurasaku-movie.jp/

公開日:2014-04-05

2014年4月5日(土)ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

大手家電メーカーに勤める大崎俊介(緒形)は部下からの信頼も厚く、将来を嘱望される会社員だ。しかし、妻・昭子(南)、息子の大介(矢野)、娘の咲子(美山)との関係は冷え切り、家族はバラバラになりかけていた。そんななか、父・俊太郎(藤)が老人性認知症を患う。苦しむ俊太郎を見て見ぬふりする家族に俊介は失望し、孤独な父を守ろうとひとり奮闘するが、ある時、大介が人知れず俊太郎を介護していたことを知り、家族のことを見ようとしていなかったのは自分の方だったと、初めて気付かされる。ある晩俊介は、俊太郎の遠い過去の物語を聞き、父の遠い記憶を探すため、そして家族のそれぞれを見つめてまたやり直すため、みんなでワゴン車に乗って初めての旅に出る——。

『精霊流し』『解夏』『眉山』『アントキノイノチ』など、良質な映画化が相次ぐさだまさしが、自身の父親の思い出を下敷きに描いた小説を映画化。主演の緒形直人をはじめ、南果歩、藤竜也など、日本を代表する実力派と矢野聖人、美山加恋といったフレッシュな面々が集結。監督は、『利休にたずねよ』で第37回モントリオール世界映画祭・最優秀芸術貢献賞に輝いた田中光敏。

監督:田中光敏、出演:緒形直人,南果歩,美山加恋