醒めながら見る夢

CHEMISTRYの堂珍嘉邦主演、辻仁成 監督・脚本による同名音楽劇を映画化

醒めながら見る夢

醒めながら見る夢

2014年 日本 107分

監督:

辻仁成

配給:

キノフィルムズ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://sameyume-movie.com/

公開日:2014-05-17

2014年5月17日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

劇団の人気演出家・優児(堂珍)とその恋人で劇団の看板女優だった亜紀(高梨)はひそかに結婚し暮らし始めていた。優児は次回公演の準備を始めたばかり。そんな彼の前に、ある日、亜紀の妹・陽菜(石橋)が現れる。亜紀のことで話があるという陽菜に対して、頑なに冷たい態度をとる優児。二人は亜紀には内緒で関係をもった過去があった。しだいに優児は、陽菜ばかりでなく、周囲をも遠ざけるようになっていく。そればかりか日々やつれ表情を無くしていった。そんな彼を見かねた劇団主宰・竜也(松岡)が、優児の家を訪ねるが、そこで優児と亜紀の生活に隠されていた秘密が明らかになる…。一方、陽菜は孤独な青年・文哉(村井)と知り合い…。

作家・ミュージシャン・演出家など多方面でマルチな才能を発揮する辻仁成が、自身の作・演出による同名音楽劇を自ら映画化。古都・京都を舞台に、恋人とその妹との関係に揺れ動く主人公を中心に、真実の愛を求めて彷徨う男女を描く。主演は、人気アーティストCHEMISTRYの堂珍嘉邦。11年に上演された同名舞台に続いて主人公を演じ映画初主演を果たす。ヒロインは連続テレビ小説「花子とアン」や『わたしのハワイの歩きかた』等話題作への出演が相次ぐ高梨臨。そして石橋杏奈、村井良大、松岡充、高橋ひとみらが脇を固める。

監督:辻仁成、出演:堂珍嘉邦,高梨臨,石橋杏奈