真田十勇士

2014年に大ヒットを記録した舞台を同キャスト・スタッフで映画化

映画 真田十勇士 Blu-rayスペシャル・エディション

真田十勇士

2016年 日本 135分

監督:

堤幸彦

配給:

松竹・日活

ジャンル:

時代劇

公式サイト:

http://sanada10braves.jp/

劇場公開日:2016-09-22
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

関ヶ原の戦いから14年。天下統一を目前にした徳川家康と、復権を狙う豊臣家の対立が深まっていた戦国の世で、“天下に並ぶ者なし”の名将として、世間から尊敬を集めていた男、真田幸村(加藤)。しかし実はこの幸村、その男前な容貌と、偶発的な幸運の連続によって勝ちを拾ってきただけの、気弱な〈腰抜け男〉だったのだ!実像と虚像の違いに悩んでいた幸村はある時、猿飛佐助(中村)と運命的に出会う。佐助は、幸村を担いで「本物の天下一の英雄に仕立て上げようじゃないか!」と、同じ抜け忍の霧隠才蔵(松坂)を筆頭に一癖も二癖もある十人の男たちを集め《真田十勇士》が誕生、またたく間に徳川との最終決戦〈大坂の陣〉の最前線に立つこととなった。ついに明かされる“真田の謎”、佐助と才蔵を狙う、くノ一(女忍者)の火垂(大島)との“因縁”、淀殿と幸村の禁断の“秘密”、そして勝つ事は不可能とも思える圧倒的に不利な徳川との戦いで、佐助と十勇士が企てた驚愕の“大仕掛け”とは…。

2014年に上演され大ヒットを記録した舞台「真田十勇士」を映画化したエンタテインメントスペクタクル超大作。同作品の演出を手がけた堤幸彦監督がメガホンをとり、脚本は舞台と同じく演劇界の重鎮マキノノゾミ。主人公・猿飛佐助に中村勘九郎。霧隠才蔵を松坂桃李。佐助と才蔵の幼馴染で、女忍びとして二人を翻弄する火垂を大島優子。その他、十勇士メンバーには永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健ら、人気若手俳優が集結。そして真田幸村には加藤雅也、徳川家康に松平健、淀殿を大竹しのぶが演じる。

監督:堤幸彦、出演:中村勘九郎,松坂桃李,大島優子