三国志英傑伝 関羽

「三国志」の人気キャラクター・関羽の活躍を描いた歴史アクション大作

三国志英傑伝 関羽

三国志英傑伝 関羽

関雲長 THE LOST BLADESMAN 2011年 中国 109分

ジャンル:

史劇

公開日:2012-01-14

2012年1月14日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて新春公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

“レッドクリフ(赤壁の戦い)”の数年前、劉備の部下だった関羽(ドニー・イェン)は、曹操(チアン・ウェン)の捕虜になりながらも“白馬の戦い”で劣勢だった曹操軍に手助けして勝利を呼び込んだ。義侠心に満ち溢れた関羽を曹操は再三配下に入るようにいろいろな手をつくして誘うが、関羽は劉備の元へ戻ることを願う。そのことを聞き入れた曹操は、6つの関所に通行手形なくても関羽を通すことを部下に伝えるが、皇帝が関羽を殺す命を出したために、彼は関所で命を狙われることとなる―。

「三国志」の中でも屈指の人気キャラクターである関羽(関雲長)の活躍するエピソードのひとつ「過五関、斬六将」を映画化。関羽の男として忠義を貫く様を、激しいアクションとともに骨太の男のドラマとして描いていく。主人公の関羽には、『イップ・マン』のドニー・イェン、曹操を『鬼が来た!』の監督・主演としても知られるチアン・ウェン。監督は『インファナル・アフェア』シリーズのフェリックス・チョン&アラン・マックが手掛ける。中国本土では2011年4月に公開され、1億6千万元の超大ヒットを記録している。

監督:フェリックス・チョン,アラン・マック、出演:ドニー・イェン,チアン・ウェン,スン・リー