サラの鍵

パリのユダヤ人迫害事件で連れ去られた少女の足跡を辿る、女性記者の物語

サラの鍵 [DVD]

サラの鍵

ELLE S'APPELAIT SARAH 2010年 フランス 111分

配給:

ギャガ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.sara.gaga.ne.jp/

公開日:2011-12-17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1942年、ナチス占領下のパリで行われたユダヤ人迫害事件。それから60年後、夫とともにパリに暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリア(C.S.トーマス)は、ある取材で、自分の住むアパートのかつての住人がアウシュビッツに送られたユダヤ人家族だったことを知る。さらに、その一家の長女で収容所から逃亡した少女サラについての秘密を知る。一斉検挙の朝、サラは自分の弟を守ろうと、納戸に鍵をかけて弟を隠していた。果たしてサラは弟を助けることができたのか?二人は今も生きているのか?事件を紐解き、サラの足跡をたどるなかで明らかになっていく悲しい真実が、ジュリアの運命を変えていくことになる―――。

パリを舞台に、ユダヤ人が“ヴェルディヴ(屋内競輪場)”に収容された悲劇を描き、全世界300万部突破のベストセラーとなったタチアナ・ド・ロネの同名小説を映画化。本国フランスをはじめオランダや北米でも好成績を残し、第23回東京国際映画祭(2010)にて、最優秀監督賞と観客賞のW受賞の快挙を成し遂げた感動作。メガホンをとったのは、自らもドイツ系ユダヤ人の祖父を収容所で亡くしたという若き新鋭監督ジル・パケ=ブレネール。

監督:ジル・パケ=ブレネール、出演:クリスティン・スコット・トーマス,メリュジーヌ・マヤンス,エイダン・クイン