殺人鬼を飼う女

中田秀夫監督×飛鳥凛主演、一人の女に潜む四つの人格を四人で演じる異色作

殺人鬼を飼う女

殺人鬼を飼う女

2019年 日本

監督:

中田秀夫

配給:

KADOKAWA

ジャンル:

サスペンス

公式サイト:

http://satsujyo-movie.jp/

公開日:2019-04-12

2019年4月12日(金)テアトル新宿/池袋シネマ・ロサ ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

キョウコはビストロで働く美しいギャルソン。だが幼い頃義父から性的虐待を受け続けたことで、キョウコを愛するレズビアンの直美、ビッチなゆかり、そしてあの小学生のままのハルという様々な人格と辻褄を合わせ共存し支え合っていた。だが、ある日マンションの隣人が憧れの小説家と知り恋心を抱いたのをきっかけに、得体の知れない歪みを感じ始める。それと時を同じくして彼女の周りで謎の死が相次ぎ、保たれた均衡が崩れ始める―。

KADOKAWAとハピネットによる共同企画、ハイテンション・ムービー・プロジェクト第一弾。上質なサスペンス要素とエロティックで大胆な描写の中に、壊れそうな程繊細な純愛を描いた大石圭の同名小説を映画化。メガホンを取ったのは、『リング』『貞子』の中田秀夫監督。主演は、中田監督の『ホワイトリリー』でも主演を務めた飛鳥凛。幼少期に義理の父から受けた悍ましい毎日が原因で解離性同一性障害を患っているキョウコを演じる。また、キョウコの中の別人格として、レズビアンの直美役に大島正華、自由奔放でビッチなゆかり役に松山愛里、虐待された小学生のままのハル役に中谷仁美。1人の女性が持つ4つ人格を4人の女優陣でミステリアスかつ官能的に、演じ分ける。そのほか、水橋研二、根岸季衣らが脇を固める。

監督:中田秀夫、出演:飛鳥凛,大島正華,松山愛里

予告編・特報