さよなら渓谷

吉田修一原作・真木よう子主演、男と女の究極の愛の形を描いたラブストーリー

さよなら渓谷

さよなら渓谷

2013年 日本

監督:

大森立嗣

配給:

ファントム・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://sayonarakeikoku.com/

公開日:2013-06-22

2013年6月22日(土)全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

緑豊かな渓谷で起こった、幼児殺害事件。実母が容疑者として逮捕され、事件は終息へ向かうと思われた。そんな中、隣家に妻とふたりで暮らす尾崎俊介(大西)に、その母親と不倫関係にあったという疑惑が浮上する。その証言をしたのは、なんと俊介の妻、かなこ(真木)だった。なぜ、妻は夫を犯人にしたのか。事件取材を続ける記者(大森)はやがて夫婦を結びつけた15年前の“秘密”にたどり着く。2人が夫婦でいることの本当の理由とは──。

『パレード』『悪人』『横道世之介』など、海外でも高い評価をうけている芥川賞作家・吉田修一の長編小説を映画化。主人公・かなこを演じるのは、『ベロニカは死ぬことにした』以来7年ぶりの単独主演作となる真木よう子。本作では、憎しみと愛情の狭間で揺れ動く女性の心理を官能的、かつ大胆な演技で挑戦している。かなこの夫・俊介に『赤目四十八瀧心中未遂』『キャタピラー』で強烈な印象を残す大西信満。夫婦の過去を探る記者・渡辺を大森南朋。監督との本格的な兄弟タッグ作品としても注目を集める。そして、記者・渡辺の相棒役として事件解明に活躍する鈴木杏。その他、かなこの元夫でかなこへの執着心と繊細な心を持つ男に井浦新、俊介の同輩であり今は大企業の取締役に新井浩文、そして渡辺との不和を解消できない妻に鶴田真由が揃い、本作のドラマをより強く盛り上げている。

監督:大森立嗣、出演:真木よう子,大西信満,鈴木杏