スキャナー 記憶のカケラをよむ男

狂言師・野村萬斎が“特殊能力を持った男”役で初の現代劇に挑む謎解きミステリー

【早期購入特典あり】スキャナー 記憶のカケラをよむ男(B2ポスター付き) [DVD]

スキャナー 記憶のカケラをよむ男

2016年 日本 110分

監督:

金子修介

配給:

東映

ジャンル:

ドラマ/ミステリー

公式サイト:

http://scanner-movie.jp

公開日:2016-04-29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

物や場所に残った人間の記憶や感情を読み取ることができる特殊能力を持った男・仙石(野村)。かつてその能力を使い、マイティーズというコンビで日本中を湧かせたが、能力の代償に精神をすり減らし、コンビも解散、以来人目を避けた生活を送っていた。相方の丸山(宮迫)はピン芸人になるものの、鳴かず飛ばずでクビ寸前の状態。そんな時、亜美(杉咲)という女子高生が仕事の依頼で丸山の事務所を訪れる。その依頼とは、行方不明となったピアノ教師・沢村雪絵(木村)をマイティーズに探して欲しいというもの。仙石は頑なに拒否するが、残された爪やすりから雪絵のビジョンが浮かびあがる。丸山、亜美と共に雪絵の行方捜しを始める仙石。やがて読み取った雪絵の思念は、誰しもが予想だにしない事件の入り口だった…。

『陰陽師』や『のぼうの城』など数々の大ヒット時代劇で主演を務めてきた狂言師=野村萬斎が、初めての現代劇に挑戦。“残留思念(物や場所に残った人間の記憶、感情を読み取ることができる能力)”を持ったばかりに、過酷な人生を歩むことになった主人公・仙石和彦を演じる。仙石を静かな隠遁生活から引きずり出す元相方・丸山竜司には、“雨上がり決死隊”の宮迫博之。二人に翻弄されながらも事件解決のために、協力するエリート刑事・佐々部悟に関ジャニ∞の安田章大。マイティーズに人探しを依頼する女子高生・秋山亜美役に杉咲花。突然謎の失踪を遂げる亜美のピアノ教師・沢村雪絵役に木村文乃。他にも、ちすん、梶原善、風間杜夫、高畑淳子らが脇を固める。監督は、監督は“平成ガメラ3部作”、『デスノート』シリーズの金子修介。

監督:金子修介、出演:野村萬斎,宮迫博之,安田章大