エンド・オブ・ザ・ワールド

“世界の終わり”を前に、最後の旅に出る男女を描いたロマンティック・ストーリー

エンド・オブ・ザ・ワールド

エンド・オブ・ザ・ワールド

SEEKING A FRIEND FOR THE END OF THE WORLD 2012年 アメリカ 101分

配給:

ミッドシップ、ツイン

ジャンル:

ドラマ

公開日:2013-01-18

2013年1月18日(金)ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

小惑星の衝突により人類の滅亡が避けられないと判った日、ドッジ(S.カレル)の妻は何も告げずに去っていった。衝突まであと3週間。普段と変わらぬ生活を送るドッジは、隣人の奔放な女性ペニー(K.ナイトレイ)と初めて言葉を交わす。翌日ドッジは、ペニーのもとに誤配達された3年分の自分宛の手紙の束を受け取り、そのときの会話から、妻の浮気を知る。激しいショックを受け自殺を図ったものの、死ねなかったドッジ。ある日、その手紙の束の中から、かつて心ならずも別れた最愛の人、オリヴィアからの手紙を発見する。街に暴動が起き始める中、ドッジはオリヴィアの手紙を持ち、ペニーとともにオリヴィアを探す旅に出る…。

地球滅亡を目の前にして、昔別れた最愛の女性に会いに行こうとする中年男と、彼と行動をともにすることになった隣人女性との奇妙な旅を描いたロマンティック・ストーリー。主演は、『40歳の童貞男』のスティーヴ・カレルと、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のキーラ・ナイトレイ。監督は、脚本家として活躍し、本作で監督デビューを果たしたローリーン・スカファリア。

監督:ローリーン・スカファリア、出演:スティーヴ・カレル,キーラ・ナイトレイ,コニー・ブリットン