死刑台のエレベーター('10)

フランスの傑作サスペンスを日本に置き換えてリメイクした極上ミステリー

死刑台のエレベーター [DVD]

死刑台のエレベーター('10)

2010年 日本 111分

監督:

緒方明

配給:

角川映画

ジャンル:

サスペンス/ミステリー

公式サイト:

http://www.shikeidai.jp/

公開日:2010-10-09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

大手企業手都グループの会長夫人・芽衣子(吉瀬)は、グループ傘下のボランティア医師・時籐と不倫関係にあり、年の離れた夫を自殺に見せかけて殺すという殺人計画を企てていた。しかし、芽衣子の計画を実行した時籐は、残した手がかりを消すためオフィスに戻り、エレベーターに閉じ込められてしまう。約束の時間に現れない時籐を探し、夜の街を彷徨う芽衣子。一方、時籐の車を盗み出し、箱根へと向かったカップル赤城(玉山)と美加代(北川)は、そこで殺人事件を引き起こしてしまう…。

ヌーヴェルヴァーグの鬼才ルイ・マル監督の鮮烈なデビュー作にして、最高傑作と言われる1957年製作のサスペンス映画を、舞台を現代の日本に移してリメイク。主演は、吉瀬美智子と阿部寛。2人の完全犯罪を狂わせることになる若いカップルを、玉山鉄二と北川景子が好演。その他、平泉成、りょう、津川雅彦、柄本明らが脇を固める。監督は『いつか読書する日』『のんちゃんのり弁』の緒方明。オリジナルのスリリングなストーリー展開はそのまま、日本独特の哀感漂う映像美で緊迫のミステリーが楽しめる。

監督:緒方明、出演:吉瀬美智子,阿部寛,玉山鉄二