忍道-SHINOBIDO-

“EDO WONDERLAND 日光江戸村” 生誕25周年を記念し製作された忍者映画

忍道-SHINOBIDO-

忍道-SHINOBIDO-

2011年 日本 93分

監督:

森岡利行

配給:

ジョリー・ロジャー

ジャンル:

時代劇

公式サイト:

http://shinobido-movie.com/

公開日:2012-02-04

2012年2月4日(土)より、銀座シネパトス他全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

江戸時代末。道なき山の中に、密かに存在する忍の里。そこで女忍として育てられたお甲(佐津川)は、忍の壊滅を使命とする隠密組織・黒羽衆の情報を得るため、町での偵察任務を言い渡される。居酒屋の女中として町に忍び込み、標的である侍・東五郎(ユキ)の偵察を開始するお甲だったが、一人娘を愛し、町の民のため骨身を惜しまず働く心優しい東五郎に惹かれ始め、東五郎もまたお甲に惹かれていく事となる。やがて仲間に気付かれ、忍の里へと戻されたお甲は、もし東五郎が黒羽衆の人間であれば、自らの手で東五郎を殺す事を誓い、町へ戻ることが許される。しかし再会した東五郎から「全てを知って欲しい」と衝撃の事実が告げられる。やはり東五郎は黒羽衆の人間であったのだ…。

“EDO WONDERLAND 日光江戸村”が生誕25周年を記念し、映画製作を本格始動。メイドインジャパンの最たるところにある“忍者”を題材とし、忍の生き様をリアルに描き切る。主人公の女忍お甲に、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の佐津川愛美。敵でもありながら、お甲に想いを寄せる東五郎役には映画『ラストサムライ』やドラマ「仁-JIN-」のユキリョウイチ。ほかに、菊地あやか(AKB48)や三浦孝太らの若手と、黒沢年雄、研ナオコ、長谷川初範と豪華俳優陣が顔を揃える。メガホンを取るのは『子猫の涙』や『女の子ものがたり』森岡利行。

監督:森岡利行、出演:佐津川愛美,ユキリョウイチ,菊地あやか