白河夜船

よしもとばななの傑作小説を、安藤サクラ×井浦新共演で映画化

白河夜船

白河夜船

2015年 日本 91分

監督:

若木信吾

配給:

コピアポア・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://shirakawayofune.com/

公開日:2015-04-25

2015年4月25日(土)より、テアトル新宿ほか全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

恋人・岩永(井浦)と不倫関係を続ける寺子(安藤)は、仕事もせず毎日家で岩永からの電話を待つだけの日々を送っている。岩永には妻がいるが、彼女は交通事故にあって以来ずっと植物人間状態にあった。岩永との関係は進展しないながらも穏やかに続いていたが、ある日、男たちに添い寝をしてあげる“添い寝屋”をしていた最愛の親友しおりが自ら死を選び、寺子はショックを受ける。しおりと過ごした日々を思い返しているうちに、寺子の眠りは徐々に深くなる。どんなに深い眠りのなかでも岩永からの電話だけは聞き分けられるのが自慢だったが、ついに彼からの電話にも気づかなくなったことに自分でも驚きを隠せない。まるで取り憑かれたように眠りつづける寺子は、いつしか夢と現実の境目すら曖昧になっていく…。

1989年に発表された、よしもとばなな初期の傑作小説「白河夜船」を映画化。“眠り”をテーマに、淋しさを抱えて生きる人々を静かに描きだす。ヒロイン寺子役を演じるのは、『かぞくのくに』『0.5ミリ』の安藤サクラ。寺子の恋人・岩永役には、『かぞくのくに』で安藤サクラとの共演が話題となった井浦新。寺子の親友しおりには『海炭市叙景』の谷村美月、漫画家内田春菊の次女・紅甘が岩永の妻の幻影(分身)でもある少女を演じるほか、モデルの髙橋義明が、しおりの元彼役で映画デビューを果たしている。監督および撮影は気鋭の写真家として知られる若木信吾。

監督:若木信吾、出演:安藤サクラ,谷村美月,高橋義明