少年H

妹尾河童のベストセラーを映画化。激動の時代に強くたくましく生きる一家の物語

少年H DVD(2枚組)

少年H

2013年 日本 122分

監督:

降旗康男

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.shonen-h.com/

公開日:2013-08-10
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

昭和の初めの神戸。洋服仕立て職人の父・盛夫(水谷)、熱心なキリスト教徒の母・敏子(伊藤)のもとに生まれた肇少年は、母が編んだイニシャル「H」入りのセーターを着ていたことから「エッチ」とで呼ばれるようになる。戦争がはじまり、軍事統制も厳しさを増し、おかしいことを「おかしい」といえない日々の中、盛夫は、周囲に翻弄されることなく、「おかしい」「なんで?」と聞くHに、しっかりと現実を見ることを教え育てる。やがてHは中学に入学。学校では軍事教練が始まり、妹の好子は疎開。しかし昭和20年3月、ついに神戸を大空襲が襲い、Hの家は跡形もなくなってしまう。そして終戦を迎えた神戸にアメリカの進駐軍がやってくる。疎開した好子も戻り、盛夫は焼け焦げたミシンを修理して洋服屋を再開。神戸も日本も生まれ新しく生まれ変わろうとする激動の中で、自分に忠実に生きるために、Hの一家は小さいが大きな一歩を踏み出していく…。

1997年に妹尾河童初の自伝的長編小説として刊行され、またたく間にベストセラーとなった「少年H」を、『あなたへ』などの巨匠・降旗康男監督が映画化。脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ全作を手がける古沢良太。美しく異国情緒あふれる神戸の街が戦争で荒廃していく中、少年H一家が時流に流されること無く、強くたくましく生き抜き、街とともに復興していく姿を、時にユーモラスに時にハードに描き出す。少年Hの父と母を演じるのは、初の“夫婦役”で28年ぶりの共演を果たした水谷豊と伊藤蘭。

監督:降旗康男、出演:水谷豊,伊藤蘭,吉岡竜輝