ソン・ランの響き

ベトナム伝統芸能をテーマに、孤独なふたりの男の刹那的な出会いを描いたドラマ

ソン・ランの響き

ソン・ランの響き

Song Lang 2018年 ベトナム 102分

配給:

ムービー・アクト・プロジェクト

ジャンル:

ドラマ

公開日:2020-02-22

2020年2月22日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

80年代のサイゴン。借金の取り立て屋ユンは、ベトナムの伝統歌舞劇<カイルオン>の花形役者リン・フンと運命的な出会いを果たす。初めは反発し合っていたふたりだったが、停電の夜にリン・フンがユンの家に泊まったことをきっかけに心を通わせていく。実はユンはかつて<カイルオン>には欠かせない民族楽器<ソン・ラン>の奏者を志した事があり、楽器を大切に持っていたのだった。一見対照的だが共に悲しい過去を持つふたりは、孤独を埋めるように響き合い、結ばれる。やがてこれまで感じたことの無い気持ちを抱き始めたふたりは、翌日の再会を約束し別れる。しかし、ユンが過去に犯したある出来事をきっかけに、ふたりの物語は悲劇的な結末へと突き進んでいく――

1980年代のベトナム・サイゴン(現・ホーチミン市)を舞台に、借金の取り立て屋のユンと、ベトナムの伝統歌舞劇<カイルオン>の花形役者リン・フンの刹那的な3日間の出会いを繊細なタッチで描いた美しくも哀しい愛の物語。ユン役のリエン・ビン・ファットは本作がデビュー作ながら粗暴な中に繊細さを隠し持つ孤独な男を演じきり、第31回東京国際映画祭でジェムストーン賞(新人俳優賞)を受賞。リン・フン役のアイザックは、元ベトナムのアイドルグループ365dabandのメンバー。本作では伝統歌劇の花形役者を艶やかな歌と踊りで見事に演じ、その中性的な魅力を余すところなく発揮している。監督は、長編監督デビューとなる本作で、ベトナム映画協会最優秀作品賞、サンディエゴ・アジアン映画祭観客賞をはじめ、国内外で37もの賞を受賞したレオン・レ。

監督:レオン・レ、出演:リエン・ビン・ファット,アイザック スアン・ヒエップ

予告編・特報