ソローキンの見た桜

日露戦争を背景に、日本人女性と捕虜のロシア軍少尉がはぐくむ愛の物語

ソローキンの見た桜 豪華版 Blu-ray

ソローキンの見た桜

2018年 日本 111分

監督:

井上雅貴

配給:

KADOKAWA

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

https://sorokin-movie.com/

公開日:2019-03-22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに——。日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部/二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらもいつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。ロシア革命に参加する為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが…

日露戦争のさなか、愛媛県松山に設置された捕虜収容所を舞台に、日本女性とロシア軍少尉の捕虜とが織りなす「愛」を軸に、歴史に翻弄された人々を描いた物語。主演は『2つ目の窓』『孤狼の血』の阿部純子。ソローキン役にはロシア人俳優ロデオン・ガリュチェンコ。その他、アレキサンドル・ドモガロフ、イッセー尾形、山本陽子、斎藤工、六平直政らベテラン、個性派のキャストが脇を固める。監督はアレクサンドル・ソクーロフや石井岳龍に師事した井上雅貴が務める。

監督:井上雅貴、出演:阿部純子,ロデオン・ガリュチェンコ,山本陽子

予告編・特報