アリスのままで

若年性アルツハイマーと診断された主人公の葛藤と家族の絆を描く感動作

アリスのままで [Blu-ray]

アリスのままで

STILL ALICE 2014年 アメリカ 101分

配給:

キノフィルムズ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.alice-movie.com

公開日:2015-06-27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

50歳のアリスは、まさに人生の充実期を迎えていた。高名な言語学者として敬われ、教鞭をとるニューヨークのコロンビア大学でも、学生たちから絶大な人気を集めていた。夫のジョンは変わらぬ愛情にあふれ、法科大学を卒業した長女のアナと医学院生の長男のトムにも何の不安もなかった。唯一の心配は、ロスで女優を目指す次女のリディアだけだった。ところが、そんなアリスにまさかの運命が降りかかる。物忘れが頻繁に起こるようになって診察を受けた結果、若年性アルツハイマー病だと宣告されたのだ。しかも、子供たちに50%の確率で遺伝をしてしまう家族性なのだ。アリスの家族に突き付けられた苦難…。アリスは気丈に闘うが、今の医学では記憶を失うことは止められない。ある日、アリスはパソコンに自分が残した映像を発見する。かつての自分から自分への“アリスのままで”いるためのメッセージとは──?

50歳で若年性アルツハイマー病を発症した女性が、日々記憶を失くしながらも最後まで闘う姿を描いたドラマ。原作は、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーランキングに40週間にもわたってランクインしたリサ・ジェノヴァの同名小説。監督はリチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウエストモアランド。自身もALS(筋委縮性側索硬化症)と闘病中のグラッツァーが、リアルな病気のアリスの心境に細やかに分け入る。主人公のアリスを、『めぐりあう時間たち』のジュリアン・ムーア、アリスの夫には『ブルージャスミン』のアレック・ボールドウィン、長女に『スーパーマン リターンズ』のケイト・ボスワース、次女に『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートなど豪華な演技派が勢ぞろいし、病気の苦悩や葛藤、そして家族の絆の物語を見事に演じる。

監督:リチャード・グラッツァー,ウォッシュ・ウエストモアランド、出演:ジュリアン・ムーア ,アレック・ボールドウィン,クリステン・スチュワート