サブウェイ123 激突

ニューヨークの地下鉄を舞台に、二人の頭脳が激突するサスペンス・アクション

サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション [DVD]

サブウェイ123 激突

THE TAKING OF PELHAM 123 2009年 アメリカ 106分

配給:

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ジャンル:

サスペンス/アクション

公式サイト:

http://subway123.jp/

公開日:2009-09-04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ニューヨーク、午後2時。ペラム駅1時23分発の列車が4人の男によってハイジャックされた。グループのリーダー、ライダー(J.トラボルタ)は、先頭の1車両だけを切り離すと、乗客を人質にとり、運行指令室を通じて59分以内に身代金1000万ドルを市長に向けて要求した。交渉役に指名されたのは、指令係として勤務中の地下鉄職員、ウォルター・ガーバー(D.ワシントン)だ。ガーバーは粘り強い交渉を続けるが、運転士が殺されたことで、市長は身代金の支払を決断し、現金輸送車が現場へ向かう。タイムリミットが迫る中、ガーバーは巧みにライダーを追いつめようとするが、ライダーの本当の狙いは、身代金よりももっと別のところにあった…。

1974年の傑作映画『サブウェイ・パニック』の元となったジョン・ゴーディのベストセラー小説を、『L.A.コンフィデンシャル』のブライアン・ヘルゲランドの脚本により新たに映画化。監督は、『トップガン』『クリムゾンタイド』の名匠トニー・スコット。オスカー俳優デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの、緊迫した頭脳戦がスリリングに展開する。

監督:トニー・スコット、出演:デンゼル・ワシントン,ジョン・トラボルタ,ジョン・タトゥーロ