救いたい

被災地を舞台に、傷を抱えながらも前向きに生きる人々を描いたドラマ

救いたい

救いたい

2014年 日本

配給:

AMGエンタテインメント

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://sukuitai-movie.jp

公開日:2014-11-22

2014年11月22日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

川島隆子(鈴木)は仙台の医療センターで麻酔科医長を務めている。夫・貞一(三浦)は仙台から離れて地域医療に従事している。震災から3年、町は前向きな笑顔であふれているかのように見える。しかし、悲しい記憶が消えることはない。肉親を亡くしたショックから、好きな人の優しさを受け入れることができない部下の麻酔科医(貫地谷)。決して涙は見せまいと、誰に対しても明るく接する看護師(中越)。そんな彼女を見て胸を痛める義理の母(藤村)。祭りを復活させようとする奔走する漁港の男たちもまた、逞しく振る舞う裏で苦しさや悔しさを噛みしめていた。隣人として、医師として、隆子と貞一は彼らにどうに向き合うのか。本当のやさしさ、強さを知る人々の再生の物語が今、始まる――。

『ハチ公物語』『ラストゲーム 最後の早慶戦』の名匠・神山征二郎が、さまざまな記憶が交錯する東北の地で、明日に向かって生きる人々を描いたドラマ。原作は、国立病院機構仙台医療センターの麻酔科医長・川村隆枝著の「心配ご無用手術室には守護神がいる」(パコスジャパン刊)。主人公の女性麻酔科医・川島隆子を鈴木京香が演じ、その夫役に三浦友和。ほかに、貫地谷しほり、渡辺大、中越典子、藤村志保、津川雅彦らが脇を固める。

監督:神山征二郎、出演:鈴木京香,三浦友和,貫地谷しほり