サスペリア

ダリオ・アルジェントの同名映画を『君の名前で僕を呼んで』監督が再構築

サスペリア [Blu-ray]

サスペリア

SUSPIRIA 2018年 アメリカ/イタリア 152分

配給:

ギャガ

ジャンル:

ホラー

公式サイト:

http://gaga.ne.jp/suspiria

公開日:2019-01-25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にボストンからやってきた。初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大事な演目のセンターに抜擢される。そんな中、マダム・ブラン直々のレッスンを続ける彼女のまわりで不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げる。一方、心理療法士クレンペラー博士は、患者であった若きダンサーの行方を捜すうち、舞踊団の闇に近づいていく。やがて、舞踊団に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、スージーの身にも危険が及んでいた――。

1970年代ドイツを舞台に、名門バレエ・カンパニー<マルコス>に巣食う禁断の秘密を描いたダリオ・アルジェントの同名映画を、『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が、オリジナルとは異なる視点で大胆にアレンジしたホラー作品。主人公のスージー・バニヨンを『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』3部作のダコタ・ジョンソンが演じ、カリスマ振付師マダム・ブラン役にティルダ・スウィントン。さらにリメイク版『キャリー』のクロエ・グレース・モレッツ、女優だけでなく国際的にモデルとしても活躍するミア・ゴスが、恐怖に翻弄される若きダンサーを演じ、アルジェント版『サスペリア』でスージーを演じたジェシカ・ハーパーが、クレンペラー博士の妻アンケという重要な役で登場。また、音楽を、劇判初となるレディオヘッドのトム・ヨークが全プロデュースする。

監督:ルカ・グァダニーノ、出演:ダコタ・ジョンソン,ティルダ・スウィントン,ミア・ゴス

予告編・特報