食べる女

小泉今日子ほか豪華女優陣が集結、8人の女たちの日常を通して描く<食>と<性>

食べる女

食べる女

2018年 日本

監督:

生野慈朗

配給:

東映

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.taberuonna.jp/

公開日:2018-09-21

2018年9月21日(金)ROADSHOW

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

とある東京の古びた日本家屋の一軒家、通称"モチの家"。家の主は雑文筆家である、古書店を営む・敦子(トン子)。女主人はおいしい料理を作って、迷える女たちを迎え入れる。男をよせつけない書籍編集者、いけない魅力をふりまくごはんやの女将、2児の母であり夫と別居中のパーツモデル、ぬるい彼に物足りないドラマ制作会社AP、求められると断れない古着セレクトショップ店員、料理ができないあまり夫に逃げられた主婦、BARの手伝いをしながら愛をつらぬくタフな女・・・。今日も、人生に貪欲で食欲旺盛な女たちの心と体を満たす、おいしくて、楽しい宴が始まる。

筒井ともみ著「食べる女 決定版」(新潮文庫)の短編集を、筒井自身が脚本化。年齢も、職業も、恋愛に対する考え方も、人生における価値観も異なる8人の女たち。そんな彼女たちが、おいしいものを心置きなく、好きなだけ食べる”女の本音満載の宴”を通して、現代に生きる女たちの
”今”を描く。"モチの家"の主・餅月敦子役に小泉今日子。ここに集う女たちを沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香らが演じる。ほかにもユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、小池徹平、笠原秀幸、間宮祥太朗、遠藤史也、RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察)、眞木蔵人らが演じる個性豊かな男たちが集結。監督は、『手紙』『余命』の生野慈朗。

監督:生野慈朗、出演:小泉今日子,沢尻エリカ,前田敦子

予告編・特報