旅の贈りもの 明日へ

人生の岐路に立ち、福井県を訪れた3人の姿を描いたヒューマン・ドラマ

旅の贈りもの 明日へ

旅の贈りもの 明日へ

2012年 日本

監督:

前田哲

配給:

株式会社キノフィルムズ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.tabi-fukui.jp/

公開日:2012-10-27

2012年10月27日(土)全国ロードショー(10月13日(土)福井先行公開)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

過去に結婚はしたものの数年で離婚し、その後は大手建設会社に勤め、独身生活を送っていた仁科孝祐(前川)は定年を迎えた。部屋の整理をしていたある日、孝祐は42年前に文通を通じて知り合った初恋の人、秋山美月の絵手紙を見つけた。孝祐は、大阪から特別特急列車「雷鳥」に乗り、彼女との思い出の地・福井へと向かう。母子家庭で育った香川結花(山田)は、結婚を目前に、記憶に残る優しかった父親の姿を求めて、名古屋から家族旅行で訪れた福井へと旅立つ。ミュージシャンとしてスランプに思い悩む若きヴァイオリニスト久我晃(須磨)は、東京から故郷・福井へ…。孝祐、結花、晃、3人の旅は果たして…?

2006年の『旅の贈りもの0:00発』に続く、鉄道列車の旅シリーズ第2弾。福井を舞台に、人生の岐路に立った3人の姿を描いた感動作。監督は、『ブタがいた教室』『王様とボク』の前田哲。離婚後は独身を貫き、大手建設会社で定年を迎えた主人公を演じるのは、本作が映画初主演となる前川清。年老いた母親を介護する出張美容師に酒井和歌子。母子家庭で育ち、結婚を目前に自分を見つめなおす女性には山田優。スランプに陥る若きヴァイオリニストを現役ミュージシャンの須磨和声が演じる。

監督:前田哲、出演:前川清,山田優,葉山奨之