誰がための日々

ショーン・ユー&エリック・ツァン共演 介護うつの果てに母を亡くした青年の苦悩

誰がための日々

誰がための日々

一念無明 2016年 香港 102分

配給:

スノーフレイク

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://tagatameno-hibi.com/

公開日:2019-02-02

2019年2月2日 ( 土 ) より新宿 K’s cinemaほか順次公開予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

トン(ショーン・ユー)は婚約者のジェニー(シャーメイン・フォン)と家を買い、結婚し家族を作ろうと考えていた。忙しすぎるとジェニーに言われても、施設には入れたくないと、母(エレイン・ジン)の介護を1人でやっていたトン。父は長く家に寄り付かず毎月お金だけを送ってくる。弟はアメリカに行ったきり帰ってこない。母は思うようにならない自身の苛立ちをトンにぶつける。ぎりぎりの状態でトンはうつ病を発症、ある事件を引き起こし、最愛の母を亡くす。1年
後、躁うつ病の治療を終えて退院するトンの前に、ずっと会わなかった父ホイ(エリック・ツァ
ン)が迎えに来ていた。2段ベットを置いた狭い部屋で、父子は暮らし始める。

実際にエリートの青年が介護をしていた父を殺害してしまった事件をきっかけに、監督と脚本家がオリジナルの脚本にして映画化。ある家族の姿を通し、返還後20年を経た香港社会の問題を鋭く描く、重厚な社会派ドラマ。主人公のトンと父ホイに『インファナル・アフェア』での共演が印象的なショーン・ユーとエリック・ツァン。2017年香港金像奨では8部門にノミネートされ、助演男優賞、助演女優賞、新人監督賞を受賞。大阪アジアン映画祭ではグランプリを獲得した。

監督:ウォン・ジョン、出演:ショーン・ユー,エリック・ツァン,エレイン・ジン

予告編・特報