体操しようよ

草刈正雄主演、定年退職後、人生の第二ステージに挑む男性を描いたドラマ

体操しようよ

体操しようよ

2018年 日本

監督:

菊地健雄

配給:

東急レクリエーション

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://taiso-movie.com

公開日:2018-11-09

2018年11月9日、全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

38年間無遅刻無欠勤、真面目だけが取り柄の会社員・佐野道太郎(草刈)。18年前に妻を亡くし、しっかり者の娘・弓子(木村)と2人暮らし。定年退職後「これからは自由に生きるぞ!」と意気込むものの、実際には何をしていいのか途方にくれ、しかも一人娘の弓子から「佐野家の新しい主夫は、お父さんです!」と宣言され家事担当に。ある日地元のラジオ体操会に参加したことで人生の風向きがかわっていく。体操会のマドンナのぞみ(和久井)に胸ときめかせ、彼女からの紹介でラジオ体操会会長の神田(きたろう)が営む便利屋の仕事を得て、年下の同僚で天文マニアの馬場薫(渡辺)と、地域の人々の様々な依頼を不器用ながらも取り組むことに。何事にも一生懸命だけど不器用な道太郎が、周囲から叱咤激励されながら人生を謳歌していく。

NHK大河ドラマ「真田丸」の草刈正雄主演。定年退職した主人公のシングルファーザー・佐野道太郎が、はじめての家事、地域デビューに悪戦苦闘しながら新たな世界を知り、娘との関係と絆を見つめ直す感動作。道太郎の娘・弓子役には『羊の木』『伊藤くんAtoE』の木村文乃。道太郎がひょんなことから参加する体操会のマドンナ・のぞみ役に和久井映見。のぞみの人生の転機を作り、明るく、ゆるく、体操会をひっぱる会長役にきたろう。道太郎がバイトする便利屋の同僚・薫役を渡辺大知が演じる。監督は12年の助監督を経て、『ディアーディアー』でデビューした菊地健雄。

監督:菊地健雄、出演:草刈正雄,木村文乃,きたろう

予告編・特報