太陽の塔

大阪万博のシンボル「太陽の塔」の謎と魅力に迫ったドキュメンタリー

太陽の塔

太陽の塔

2018年 日本 112分

監督:

関根光才

配給:

パルコ

ジャンル:

ドキュメンタリー

公式サイト:

http://taiyo-no-to-movie.jp

公開日:2018-09-29

2018年9月29日(土)より新宿シネマカリテ、渋谷シネクイントほか全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1970年、高度経済成長に沸く日本で、「人類の進歩と調和」というテーマで開かれた大阪万博。そこでひときわ異彩を放っていたのが、前衛芸術家・岡本太郎が制作した太陽の塔。2018年3月、48年ぶりに内部の一般公開が始まるやいなや、見学希望者が殺到。半世紀の時を超えて、再び太陽の塔に注目が集まっている。今でも人びとが太陽の塔に惹かれるのはなぜなのか?本作は、当時、太陽の塔の制作に関わった関係者や専門家たち、さらに岡本太郎に影響を受けた人々をはじめ、総勢29名へのインタビューを敢行。芸術論だけでなく、社会学・考古学・民俗学・哲学の結晶としての岡本太郎が語られ、「太陽の塔」に込められたメッセージを解き明かす。監督はこれまでにMVやCMを手がけ、カンヌ広告祭ではヤングディレクターズアワードなど3部門を受賞するなど、日本を代表する若手映像クリエイターとなった関根光才。あえてナレーションを使わず、時にはフィクションの映像を用いながら、太陽の塔に新たな命を吹き込んだ。

監督:関根光才、出演:

予告編・特報