悪魔

TANIZAKI TRIBUTE / 谷崎潤一郎が産み出した三つの“歪んだ純愛”

悪魔

悪魔

2018年 日本

監督:

藤井道⼈

配給:

TBS サービス

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://tanizakitribute.com

公開日:2018-02-24

2018年2⽉24⽇(⼟)より、テアトル新宿ほか、全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

⼤学⼊学のため上京した佐伯(吉村)は、閑静な住宅街にある林邸に下宿する。林家には⼤家の千枝、⾼校⽣ながら不思議な⾊気と魅⼒を持つ千枝の娘・照⼦(⼤野)、そして、照⼦を偏愛する林家の親戚にあたる鈴⽊(前⽥)が住んでいた。佐伯は、アルコールにおぼれ、幻覚に苦しみ、⼤学にもなじめない。そして、下宿先では、照⼦が佐伯の部屋へ頻繁に訪れ、⼩悪魔のように佐伯の⼼を惑わしていくのだった。ふたりの様⼦を⾒た鈴⽊は、佐伯に対し、照⼦に近づかないよう警告をする。反発する佐伯だったが…

代表作「痴人の愛」「細雪」「春琴抄」など数多くの作品が映画化され、日本のみならず世界でも高い人気を誇る、近代日本文学の大文豪・谷崎潤一郎。その膨大な数の短編作品の中から、年齢もキャリアも異なる3人の映画監督が、自分たちの描きたい作品を選び3本の現代劇として甦らせるプロジェクト「TANIZAKI TRIBUTE」の一編。⾕崎の初期作品である「悪魔」と「続悪魔」をもとに、強迫観念に襲われ続ける⼈間が、死の恐怖からくる妄想に苦悩する⼼理状態を、俊英・藤井道⼈監督が描く。
(TANIZAKI TRIBUTE:『神と人との間』『富美子の足』『悪魔』)

監督:藤井道⼈、出演:吉村界⼈,⼤野いと,前⽥公輝

予告編・特報