歎異抄をひらく

古典文学の名著を解釈した同名原作を劇場アニメーション化

歎異抄をひらく

歎異抄をひらく

2019年 日本

監督:

大野和寿

配給:

キュー・テック

ジャンル:

アニメ

公式サイト:

http://tannisho.jp

公開日:2019-05-24

2019年5月24日(金)シネマート新宿、角川シネマ有楽町他全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

鎌倉時代、1200年代初め。貧しい農家に生まれながらも賢く利発な平次郎は、ある日、親鸞聖人と出会い、多くを学び成長していく。やがて京に戻った親鸞聖人を追って故郷を離れた平次郎は、「唯円」という名を授かり、仲間たちとともに親鸞聖人のもとで仏教を学ぶ。そんな中、かつての友人が苦境に立たされていると知った唯円は、なにも出来ない自分への無力感にとらわれ苦悩する。なぜ、善人よりも悪人が救われるのか? 人は、なぜ生きるのか?「すべての人間が悪人であり、救われるために条件はない」という親鸞聖人の言葉の真意が、解き明かされていく――。

2016年に15万人以上を動員した大ヒットアニメ『なぜ生きる』第2弾。親鸞聖人の教えを忠実に記し、「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」という一文で知られ、その解釈をめぐり様々な哲学者・文化人らが議論し、愛されてきた古典文学の名著「歎異抄」。この歎異抄の著者と言われる唯円が、親鸞聖人と出会い、仲間たちとともに迷い悩みながら成長する姿を描く劇場版アニメ。主役となる親鸞役を石坂浩二が演じ劇場版アニメ初主演。親鸞に教えをまなび、のちに「歎異抄」を著す唯円役に増田俊樹。唯円と同じ村で育った幼なじみの壮賢役に細谷佳正。同じく幼なじみのアサ役に本泉莉奈。アサの兄の権八役に市来光弘。親鸞聖人の弟子・慧信房役に三木眞一郎、燈念役に白井悠介、明法房役を伊藤健太郎が演じる。

監督:大野和寿、出演:石坂浩二,増田俊樹,細谷佳正