探偵はBARにいる

人気ハードボイルド小説を大泉洋&松田龍平の共演で映画化したミステリー

探偵はBARにいる 【Blu-ray1枚+DVD2枚組】「探偵はここにいる! ボーナスパック」

探偵はBARにいる

2011年 日本 125分

監督:

橋本一

配給:

東映

ジャンル:

ミステリー

公式サイト:

http://www.tantei-bar.com/

公開日:2011-09-10
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田)と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が…。職業柄、危険の匂いには敏感なはずが、簡単な依頼だと思い引き受け、翌日実行。だがその直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しの目に遭ってしまう。怒りが収まらぬ探偵の元に、再び“コンドウキョウコ”から電話。その依頼を渋々こなし、自力での報復に動き出した探偵と高田は、知らず知らずのうちに事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる、沙織(小雪)という謎の美女と大物実業家・霧島(西田)の存在。そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかる──。

日本推理作家協会賞受賞の東直己の人気シリーズ「ススキノ探偵シリーズ」を映画化。原作は、第二作目の「バーにかかってきた電話」。札幌ススキノを舞台に、謎の女からの依頼を受けたことから命を狙われるハメになった探偵が、相棒とともに事件の核心に迫っていくミステリー。主人公の探偵に大泉洋、相棒・高田を松田龍平が演じる。

監督:橋本一、出演:大泉洋,松田龍平,小雪