365日のシンプルライフ

フィンランド発、「人生で大切なもの」を見つけ出す365日のモノがたり

365日のシンプルライフ

365日のシンプルライフ

TAVARATAIVAS 2013年 フィンランド 80分

配給:

パンドラ+kinologue

ジャンル:

ドキュメンタリー

公開日:2014-08-16

2014年8月16日(土)オーディトリウム渋谷にて公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女と別れたことをきっかけに、モノに囲まれた生活をリセットする”実験”を決意する。ルールは4つ。「自分の持ちモノ全てを倉庫に預ける」「1日に1個だけ倉庫から持って来る」「1年間、続ける」「1年間、何も買わない」。毎日、倉庫からモノを1つ選ぶたびに、自分自身と向き合うことになるペトリ。様々な人々との関わりの中で、「人生で大切なものは何か?」、自分らしく生きていくための答えが、究極の”シンプルライフ”から見えてくる。

フィンランド人の若者が、失恋をきっかけに、自分の持ちモノすべてをリセットして行なった365日の“実験”生活。監督・脚本・主演を務めたペトリ・ルーッカイネンの実体験から生まれた「とにかくやってみよう!」のアイディアが、映画という形になった。登場する家族や友人は全てホンモノ、ペトリを中心とするリアルな人間関係と日常生活に起こるドラマが、北欧ジャズシーンをリードするティモ・ラッシーのサックスに乗って、軽快に綴られていく。

監督:ペトリ・ルーッカイネン、出演:ペトリ・ルーッカイネン