テッド・バンディ

ザック・エフロン主演、稀代の殺人鬼テッド・バンディを描いたドラマ

テッド・バンディ[DVD]

テッド・バンディ

EXTREMELY WICKED, SHOCKINGLY EVIL AND VILE 2018年 アメリカ

配給:

ファントム・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-12-20
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1969年、ワシントン州シアトル。テッド・バンディ(ザック・エフロン)とシングルマザーのリズ(リリー・コリンズ)は、あるバーで恋に落ちる。素晴らしい出逢いの一日から始まり、デッド、リズと彼女の幼い娘モリーの三人は、幸福を絵に描いたような家庭生活を築いていく。しかしその運命は一変。テッドが信号無視で警官に止められた際、車の後部座席に積んでいた道具袋を疑われて逮捕されてしまう。マレーで起きた誘拐未遂事件の容疑だった。またその前年にも女性の誘拐事件が起きており、キング郡警察の発表によると、目撃された犯人らしき男の車はテッドの愛車と同じフォルクスワーゲン。新聞に公表された似顔絵は、テッドの顔によく似ていた。突然の事態に混乱するリズ。テッドはすべてまったくの誤解だと説明するが、次第に、いくつもの事件の真相が明らかになっていき…。

1970年代アメリカ、30人以上の女性を惨殺したとされ、美しい容姿とIQ160の頭脳、雄弁さを武器に、司法・メディア、そして多くの女性たちを翻弄していった稀代の殺人鬼テッド・バンディを描いたドラマ。主演は、『グレイテスト・ショーマン』のザック・エフロン。ヒロインにリリー・コリンズ、判事役に名優ジョン・マルコヴィッチなど豪華キャストが共演。監督はドキュメンタリーの分野で高い評価を受けるジョー・バリンジャー。記録映像やインタビューなどを通してバンディに迫ったNetflix オリジナル作品「殺人鬼との対談:テッド・バンディの場合」でも監督を務め、劇映画とドキュメンタリーシリーズ、両方のスタイルで“悪のカリスマ”とも評される人物を徹底的に掘り下げていく試みに成功している。

監督:ジョー・バリンジャー、出演:ザック・エフロン,リリー・コリンズ,カヤ・スコデラーリオ

予告編・特報