テルアビブ・オン・ファイア

イスラエルとパレスチナの“民族対立”をユーモアを交えて描いた社会派コメディ

テルアビブ・オン・ファイア

テルアビブ・オン・ファイア

TEL AVIV ON FIRE 2018年 ルクセンブルク/フランス/イスラエル/ベルギー 97分

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-11-22

2019年11月22日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

エルサレムに住むパレスチナ人青年のサラムは、 パレスチナの人気メロドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」の制作現場で出演者の言語指導として働いている。撮影所に通うため、毎日面倒な検問所を通らなくてはならない。ある日、サラムは検問所のイスラエル軍司令官アッシに呼び止められ、咄嗟にドラマの脚本家だと嘘をついてしまう。アッシはドラマの熱烈なファンである妻に自慢するため、毎日サラムを呼び止め、脚本に強引にアイデアを出し始める。困りながらも、アッシのアイデアが採用されたことで、偶然にも脚本家に出世することになったサラム。しかし、ドラマが終盤に近付くにつれ、イスラエル側を良く見せたいアッシ、リアリティを求める制作陣とパレスチナ側のドラマのスポンサー。結末の脚本をめぐって対立するイスラエルとパレスチナの間で、サラムは窮地に立たされるー。果たして、彼が最後に振り絞った“笑撃”のエンディングとは!?

イスラエルとパレスチナを舞台に、人気ドラマの結末をめぐる“民族対立”をユーモアを交えて描いた社会派コメディ。パレスチナ人青年のサラム役には『パラダイス・ナウ』『オオカミは嘘をつく』のカイス・ナシェフ。

監督:サメフ・ゾアビ、出演:カイス・ナシェフ,ルブナ・アザバル,ヤニブ・ビトン

予告編・特報