劇場版テンペスト3D

世界遺産・首里城で繰り広げられる琉球ロマンが3D映画としてスクリーンに登場

劇場版テンペスト3D

劇場版テンペスト3D

2011年 日本

監督:

吉村芳之

配給:

角川映画

ジャンル:

ドラマ/時代劇

公式サイト:

http://www.tempest-3d.jp

公開日:2012-01-28

2012年1月28日(土)丸の内ピカデリー他全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

19世紀、清国(中国)と薩摩(日本)の間で翻弄される琉球王国に生まれた少女、真鶴(仲間)。女に学問が禁じられていた時代、父の願いをかなえるため、王宮に仕える決心をした真鶴は<男・孫寧温>として生きることを決意。やがて、史上最年少で官吏登用試験を突破し、瞬く間に頭角を現していく。しかし男として生きる決意をしたはずの寧温の前に、薩摩藩から琉球の在番を任じられた浅倉(谷原)が現れ、寧温は心の奥に封じ込めていた真鶴としての自分を目覚めさせていく。そんな中、清国から派遣された宦官の徐丁垓(GACKT)は琉球王国乗っ取りを目論み、狡猾さと執拗さで寧温を追い詰めていく…。

2008年に角川書店より刊行され、累計100万部を突破した同名原作が、舞台化、NHK BS時代劇でのドラマ化を経て、3D映画としてスクリーンに登場。日本、中国、列強欧米の狭間で揺れ動く19世紀の琉球王国を舞台に、男として生きる運命を背負った女が繰り広げる波乱万丈の物語を綴る。主人公の真鶴/孫寧温に仲間由紀恵。真鶴に想いを寄せる薩摩藩士・浅倉雅博役に谷原章介があたるほか、塚本高史、高岡早紀、GACKT、奥田瑛二らが脇を固める。

監督:吉村芳之、出演:仲間由紀恵,谷原章介,塚本高史