ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years

ザ・ビートルズの驚異的な初期のキャリアを描いたドキュメンタリー

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK  -The Touring Years Blu-ray コレクターズ・エディション(初回限定生産)

ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years

THE BEATLES: EIGHT DAYS A WEEK - THE TOURING YEARS 2016年 イギリス 108分

配給:

KADOKAWA

ジャンル:

ドキュメンタリー

公式サイト:

公開日:2016-09-22
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

イギリス・リヴァプールのキャバーン・クラブで活動を始めたビートルズは、1961年から62年にかけてイギリスの音楽シーンに華々しく登場し、1963年の終わりにはヨーロッパ・ツアーを開始。そして翌1964年2月9日、アメリカの人気テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演したことで全世界的に人気を爆発させた。同年6月に入ると、バンドは初のワールド・ツアーをスタート。以後2年間は過酷なスケジュールをこなし続け、ツアー活動を停止した1966年8月の時点で、バンドは世界15ヶ国90都市で、166回のコンサートを行っていた。こうしたツアーに助長されて生まれた「ビートルマニア」と呼ばれる社会現象は、それまで世界が1度も目にしたことのなかったもので、文化のグローバル化が始まるきっかけとなった――。

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から21年ぶりとなるアップル公式のザ・ビートルズドキュメンタリー。ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ヨーコ・オノ・レノン、そしてオリヴィア・ハリスンの全面協力のもとで制作。監督は『ビューティフル・マインド』のロン・ハワード。リバプールのキャバーン・クラブの初期時代から、最後に観客の前で演奏した1966年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までを描く。

監督:ロン・ハワード、出演:ザ・ビートルズ