風をつかまえた少年

アフリカ・マラウイを舞台に、自家製風力発電で未来を切り開いた少年の奇跡の実話

風をつかまえた少年

風をつかまえた少年

THE BOY WHO HARNESSED THE WIND 2019年 イギリス/マラウイ

配給:

ロングライド

公式サイト:

https://longride.jp/kaze/

公開日:2019-08-02

2019年8月2日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館 他全国順次

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

2001年、アフリカの最貧国マラウイを大干ばつが襲う。14歳のウィリアムは飢饉による貧困で学費を払えず通学を断念するが、図書館で一冊の本と出会い、独学で風力発電のできる風車を作り、乾いた畑に水を引くことを思いつく。いまだに祈りで雨を降らせようとする村で、最愛の父でさえウィリアムの言葉に耳を貸さない。それでも家族を助けたいという彼のまっすぐな想いが、徐々に周りを動かし始める──。

世界23カ国で翻訳されたベストセラーを、『それでも夜は明ける』主演のキウェテル・イジョフォーが初監督を務め映画化。2001年に大きな干ばつが襲ったアフリカの最貧国のひとつマラウイを舞台に、飢饉による貧困のため通学を断念した14歳の少年ウィリアム・カムクワンバが、図書館で出会った一冊の本を元に、独学で廃品を利用した風力発電を作り上げ、家族と自身の未来を切り開いた奇跡の実話を描く。2010年の出版当時に原作を読み、物語に心を打たれたキウェテル・イジョフォーは、構想9年をかけ脚本も手がけ初の長編映画を完成。さらにキウェテルは、主人公ウィリアムの父トライウェル役を演じ、生死を左右する極限状態の中、息子に希望を託した父の姿を熱演する。

監督:キウェテル・イジョフォー、出演:キウェテル・イジョフォー,マックスウェル・シンバ,アイサ・マイガ

予告編・特報