ガラスの城の約束

ホームレスの両親に育てられた女性の半生を綴った全米ベストセラー小説を映画化

ガラスの城の約束

ガラスの城の約束

THE GLASS CASTLE 2017年 アメリカ 127分

配給:

ファントム・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-06-14

2019年6月14日(金)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA 他にて全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

「ニューヨーク・マガジン」で活躍する人気コラムニストのジャネットは、恋人との婚約も決まり、順風満帆な日々を送っていた。ある日、ジャネットは車道に飛び出してきたホームレスの男性に遭遇する。それは、なんと彼女の父・レックスだった――。レックスは、いつか家族のために「ガラスの城」を建てるという夢を持つエンジニア、妻のローズマリーはアーティスト。彼らは定職につかず理想や夢ばかりを追い求め、自由気ままに暮らしていた。物理学や天文学などを教えてくれる父・レックスは、幼い頃のジャネットたち兄弟にとってカリスマ的な存在で、聡明なジャネットのことを彼は「チビヤギ」と呼び、愛情を注いでいた。しかし、仕事が上手くいかないレックスは次第に酒の量が増え、家で暴れるようになっていく。やがて、高校生になったジャネットは大学進学をきっかけに、ニューヨークへと旅立ち、両親との関係を断とうとするが…。

華麗なセレブのイメージをかなぐり捨て、過酷な子ども時代の思い出を赤裸々に描き、全米350 万部突破の同名ベストセラー小説を映画化。「ニューヨーク・マガジン」で活躍する人気コラムニストにして、実在の女性ジャーナリスト ジャネット・ウォールズ役に『ルーム』『キャプテン・マーベル』のブリー・ラーソン。正邪併せ持つ両親を演じたのは、名優ウディ・ハレルソンとナオミ・ワッツ。監督は、『ショート・ターム』のデスティン・ダニエル・クレットン。

監督:デスティン・ダニエル・クレットン、出演:ブリー・ラーソン,ウディ・ハレルソン,ナオミ・ワッツ

予告編・特報