The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

ビルマ民主化運動のリーダー、アウンサンスーチーの半生を描いたドラマ

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

THE LADY 2011年 フランス/イギリス

配給:

角川映画

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.theladymovie.jp/

公開日:2012-07-21

2012年7月21日(土)角川シネマ有楽町他全国ロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1988年、ビルマ――。英国で幸せな家庭生活を送っていたアウンサンスーチー(M.ヨー)は、母の看病のために久しぶりに祖国ビルマ(現ミャンマー)に戻ることになった。そこで目にしたのは学生による民主主義運動を軍事政権が武力で制圧する惨状。そんな中、「ビルマ建国の父」と死後も多くの国民から敬愛されるアウンサン将軍の娘の帰国を聞きつけた民主主義運動家たちがスーチーの元に集まり選挙への出馬を懇願する。不安を抱きながらも民衆の前で立候補を決意するスーチーだったが、それは、ビルマを支配する軍事独裁政権との長い闘いの始まりであり、愛する家族とのひき裂かれた辛く厳しい人生の始まりを意味していた…。

ビルマ民主化運動のリーダーであり、1991年にアジア女性としては初のノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチーの半生を映画化。民主化運動の指導者として世界中に知られている姿はもとより、遠くイギリスの地から陰で支え続けた家族との深い愛も描き、妻として、母として生きるアウンサンスーチーの姿を映し出す。監督は『レオン』『フィフス エレメント』などで世界に名を馳せるリュック・ベッソン。アウンサンスーチーを演じるのは『007 トゥモロー ネバー ダイ』『グリーン デスティニー』等で知られるミシェル・ヨー。

監督:リュック・ベッソン、出演:ミシェル・ヨー,デヴィッド・シューリス