家(うち)へ帰ろう

アルゼンチンからポーランドへ旅に出るユダヤ人老紳士を描いたロードムービー

家(うち)へ帰ろう

家(うち)へ帰ろう

EL ULTIMO TRAJE / THE LAST SUIT 2017年 アルゼンチン/スペイン 93分

配給:

彩プロ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-12-22

2018年12月22日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスに住む88歳の仕立屋アブラハムは、ブエノスアイレスからマドリッド、パリを経由して故郷ポーランドに住む70年以上会っていない親友に、最後に仕立てたスーツを届ける旅に出る。親友はホロコーストから逃れてきたアブラハムを助け、匿ってくれた命の恩人だった。旅の途中で出会う女性たちが、様々な困難に陥ったアブラハムの力になりたいと助けてくれる。果たしてアブラハムは親友と再会できるのか?人生最後の旅に奇跡は訪れるのか…?

アルゼンチンからポーランドへ、88歳の仕立屋のユダヤ人老紳士が、70年前に別れた親友に会うため人生最後の旅に出る姿を描いたロードムービー。監督・脚本を手掛けたのは、本作が長編2作目となるパブロ・ソラルス。自身の祖父の家が「ポーランド」という言葉がタブーであったことから発想を得、自身のアイデンティティーを確認するために避けて通れないテーマを感動のロードムービーとして結実させた。頑固だが旅の先々で出逢う女性たちに助けられ、心を開いていくアブラハムに『タンゴ』のミゲル・アンヘラ・ソラ。マドリッドのホテル女主人を『シチリア!シチリア!』のアンヘラ・モリーナが演じる。

監督:パブロ・ソラルス、出演:ミゲル・アンヘル・ソラ,アンヘラ・モリーナ,オルガ・ボラズ

予告編・特報