光をくれた人

世界的ベストセラー小説をM・ファスベンダー&A・ヴィキャンデル共演で映画化

光をくれた人

光をくれた人

THE LIGHT BETWEEN OCEANS 2016年 アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド

配給:

ファントム・フィルム

ジャンル:

ドラマ/ラブロマンス

劇場公開日:2017-05-26

2017年3月31日(金)TOHO シネマズ シャンテ 他全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

戦争の傷跡で心を閉ざし孤独だけを求め、オーストラリアの孤島で灯台守となったトム。しかし、美しく快活なイザベルが彼に再び生きる力を与えてくれた。彼らは結ばれ、孤島で幸福に暮らすが、度重なる流産はイザベルの心を傷つける。ある日、島にボートが流れ着く。乗っていたのは見知らぬ男の死体と泣き叫ぶ女の子の赤ん坊。赤ん坊を娘として育てたいと願うイザベル。それが過ちと知りつつ願いを受け入れるトム。4年後、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた二人は、偶然にも娘の生みの母親ハナと出会ってしまう──。

世界で230万部超の売り上げを記録したベストセラー、M・L・ステッドマンの「海を照らす光」を映画化。孤島に漂流した赤ん坊を育てる決心をした夫婦の愛情、実の母親と出逢ったことで抱く葛藤、そして実の母親の苦悩を描く。主人公夫婦に『それでも夜は明ける』のマイケル・ファスベンダーと、『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデル。赤ん坊の実の母親を『ナイロビの蜂』のレイチェル・ワイズが演じる。監督は、『ブルー・バレンタイン』のデレク・シアンフランス。

監督:デレク・シアンフランス、出演:マイケル・ファスベンダー,アリシア・ヴィキャンデル,レイチェル・ワイズ

予告編・特報