きみがぼくを見つけた日

全米ベストセラー小説を映画化。異なる次元に翻弄される恋人たちの切ない運命の物語

きみがぼくを見つけた日 [DVD]

きみがぼくを見つけた日

THE TIME TRAVELER'S WIFE 2009年 107分

配給:

ワーナー・ブラザース映画

ジャンル:

ラブロマンス

公開日:2009-10-24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ヘンリー(E.バナ)は、時空を旅する男。しかし、いつ、どこへ行くのかは彼にもわからない。ある日、過去に舞い降りた彼は、6歳の少女クレアと出会う。クレアの前に頻繁に現れるようになったヘンリーは、よき相談相手として、彼女を見守り続けた。やがて、クレアが少女から女性へと成長していく中で、ふたりは互いに心ときめく存在へと変わり、幾度も時空に引き裂かれながらも、ついに同じ時代で固く結ばれる。しかし、歳を重ねるにつれて、時空の旅が頻繁になり、滞在時間が長くなっていく。時空を超えるふたりの愛は、この運命に打ち勝つことができるのか──?

世界中で数百万部を超える大ベストセラーとなった純愛小説を、『ゴースト/ニューヨークの幻』の脚本家、ブルース・ジョエル・ルービンが脚本を手がけ映画化。主人公クレアに扮するのは、『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムス。ヘンリーには、『ミュンヘン』のエリック・バナ。製作総指揮にはブラッド・ピットが名を連ねる。

監督:ロベルト・シュベンケ、出演:レイチェル・マクアダムス,エリック・バナ,アーリス・ハワード