レクイエム 最後の銃弾

幼馴染の3人の警官と麻薬組織との戦いを描いた香港ノワール

レクイエム 最後の銃弾

レクイエム 最後の銃弾

掃毒 / THE WHITE STORM 2013年 香港=中国 134分

配給:

フリーマン・オフィス

ジャンル:

サスペンス/アクション

公開日:2014-10-04

2014年10月4日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

幼馴染で親友のマー、ソー、チャンの3人は警官となり、麻薬取締班で活躍している。ソーは麻薬売買のハクの組に潜入捜査し、取引先のタイの大物麻薬王ブッダを捕まえる目前まで迫る。タイ警察の協力を得てブッダの組織との取引現場に向った3人だったが、情報がブッダに漏れており、銃撃によって警察側は全滅してしまう。ブッダの娘を人質に3人は逃げるが、追いつめられた末、チャンを見殺しにし、かろうじて生き延びたマーとソー。5年後、捜査の全責任をとって左遷されたマー、そして今では出世して麻薬捜査班のトップとして活躍するソーの前に、香港の新興組織とブッダの組織の争いが起こる。そしてそこに死んだはずのチャンが、ブッダの組織の一員となって現れた…。

麻薬捜査に命を懸ける3人の警官が、タイの麻薬王との対決の中で、友情や裏切り、そして壮絶な戦いを描いた香港ノワール。主人公のマーに『奪命金』のラウ・チンワン、ソーを『ドラック・ウォー毒戦』のルイス・クー、チャンを『ビースト・ストーカー/証人』『激戦』のニック・チョン。監督は、『コネクテッド』『新少林寺SHAOLIN』のベニー・チャンが手掛け、2014年香港電影金像奨で7部門にノミネートされた。

監督:ベニー・チャン、出演:ラウ・チンワン,ルイス・クー,ニック・チョン