天才作家の妻 -40年目の真実-

ノーベル賞授賞式を背景に、ひと組の夫婦の危機を描いた心理サスペンス

天才作家の妻 -40年目の真実-

天才作家の妻 -40年目の真実-

THE WIFE 2017年 アメリカ/スウェーデン/イギリス 101分

配給:

松竹

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://ten-tsuma.jp/

公開日:2019-01-26

2019年1月26日(土) 新宿ピカデリー他 全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

現代文学の巨匠ジョゼフと妻ジョーンのもとに、ノーベル文学賞受賞の吉報が届く。ふたりは息子を伴い授賞式が行われるストックホルムを訪れるが、ジョゼフの経歴に疑惑を持つ記者ナサニエルから夫婦の“秘密”について問われたジョーンは動揺を隠せない。実は若い頃から豊かな文才に恵まれていたジョーンだったが、あることがきっかけで作家になる夢を諦めた過去があった。そしてジョゼフとの結婚後、ジョーンは彼の“影”として、世界的な作家の成功を支えてきたのだ。ずっと心の奥底に押しとどめていたジョゼフへの不満や怒りがジョーンの中でわき起こり、長年共に歩んできた夫婦の関係は崩壊へと向かう。そして授賞式当日、彼女はこれまで通り慎ましく完璧な“天才作家の妻”を装うのか。それとも本当の人生を取り戻すために、衝撃的な“真実”を世に知らしめるのか……。

華やかなノーベル賞授賞式を背景に、人生の晩年に差しかかった夫婦の危機を描く心理サスペンス。ノーベル賞を受賞した世界的作家の夫ジョゼフをジョナサン・プライスが演じ、その妻ジョン役にグレン・クローズ。記者のナサニエルをクリスチャン・スレーターが演じる。監督は、スウェーデン出身のビョルン・ルンゲ。第76回ゴールデン・グローブ賞ではグレン・クローズが主演女優賞(ドラマ部門)を受賞した。

監督:ビョルン・ルンゲ、出演:グレン・クローズ,ジョナサン・プライス,クリスチャン・スレーター

予告編・特報