マルクス・エンゲルス

思想家カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスの若き日々を描いたドラマ

マルクス・エンゲルス

マルクス・エンゲルス

THE YOUNG KARL MARX 2017年 フランス/ドイツ/ベルギー 118分

配給:

ハーク

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-04-28

2018年4月28日(土)より岩波ホールほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

26歳のカール・マルクスは、その過激な言動により妻と共にドイツ政府から国を追われる。1844 年、彼はパリで若きフリードリヒ・エンゲルスに出会う。マンチェスターの紡績工場のオーナーの子息であった彼は、イギリスのプロレタリアート(労働階級)について研究中の身であった。しかし階級も生まれも違うエンゲルスとの運命の出会いは、マルクスが構築しつつあった新世界のビジョンの、最後のピースをもたらすことになる。マルクスとエンゲルスはやがて、政治的暴動や動乱をかいくぐって、まったく新しい労働運動の誕生を牽引してゆく。労働運動はそれまで単発的で組織化もされていなかったのだ。2人の若者が率いたこの運動は、ルネッサンス以来の、世界で最も完成された社会変動へと成長していく。

カール・マルクス生誕200年記念作品。ドイツ、フランス、イギリス、ベルギーを舞台に、思想家カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスが、やがて時代を超えて読み継がれる「共産党宣言」を執筆するまでの日々をドラマティックに描く。若きカール・マルクスを演じるのは、『ヒトラーの贋札』『イングロリアス・バスターズ』のアウグスト・ディール。監督は、『ルムンバの叫び』『私はあなたのニグロではない』のラウル・ペック。

監督:ラウル・ペック、出演:アウグスト・ディール,シュテファン・コナルスケ

予告編・特報