未来よ こんにちは

予期せずに“おひとり様”となった50代後半ヒロインを描いた人間ドラマ

未来よ こんにちは

未来よ こんにちは

L’AVENIR / THINGS TO COME 2016年 フランス/ドイツ 102分

配給:

クレストインターナショナル

ジャンル:

ドラマ

劇場公開日:2017-03-25

2017年3月25日(土)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

パリの高校で哲学を教えているナタリーは、教師の夫と独立している二人の子供がいる。年老いた母親の面倒をみながらも充実していた日々。ところがバカンスシーズンを前にして突然、夫から離婚を告げられ、母は他界、仕事も時代の波に乗りきれずと、気づけばおひとり様となっていたナタリー。果たして彼女に未来は微笑むのだろうか─。

『あの夏の子供たち』『EDEN/エデン』のミア・ハンセン=ラブと、大ベテラン女優イザベル・ユペールがタッグを組み、ベルリン国際映画祭で銀熊(監督)賞受賞、ニューヨーク映画批評家協会とロサンゼルス映画批評家協会で主演女優賞を受賞したヒューマン・ドラマ。予期せずに“おひとり様”となった50代後半のヒロインが孤独=自由を受け止め前進する姿を、ユーモアと知性で爽やかに描き出す。

監督:ミア・ハンセン=ラヴ、出演:イザベル・ユペール,アンドレ・マルコン,ロマン・コリンカ

予告編・特報