Thunderbolt Fantasy 生死一劍

虚淵玄書き下ろしによる「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」の前後日譚

Thunderbolt Fantasy 生死一劍

Thunderbolt Fantasy 生死一劍

2017年 日本

総監修:

虚淵玄

公開日:2017-12-02

2017年12月2日(土)公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

凜雪鴉の用心棒を務めていた殺無生は、過去と決別するべく、凜雪鴉の勧めで劍技を比べ合う大会「劍聖會」に出場することとなる。しかし、劍技を競うはずの大会に、弓矢の名手が参戦し、なにやら不穏な動きに……。(殺無生編)/
蔑天骸や玄鬼宗、魔神との戦いの後、平和を取り戻した東離。丹翡や捲殘雲たちと別れ、旅を続ける殤不患は、とある寂れた宿場の酒場に立ち寄った。そこで、一人の男に出会う……。(殤不患編)

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』『PSYCHO-PASS サイコパス』、特撮『仮面ライダー鎧武/ガイム』など話題作を手掛けてきたニトロプラス・虚淵玄が挑む新ジャンルの映像作品「Thunderbolt Fantasy Project」。2016年の第1期TV放送を終え、続編制作が発表されている『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』、その続編とは異なる、新たな映像作品として、小説「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 外伝」に収録されている「殺無生編」を映像化した前日譚に加え、虚淵玄が新たに書きおろした殤不患の新作エピソードで、続編へと続く1期の後日譚を描く。

監督:、出演:鳥海浩輔,諏訪部順一,檜山修之

予告編・特報