東京アディオス

実在する地下芸人・横須賀歌麻呂の半生を描いた超妄想スペクタクル作品

東京アディオス

東京アディオス

2018年 日本

監督:

大塚恭司

配給:

プレシディオ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://tokyo-adios.com/

公開日:2019-10-11

2019年10月11日(金)シネ・リーブル池袋にて公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

東京のお笑い界の極北、アンダーグラウンド。テレビにも出ない、大手事務所にも所属しない、名も知れぬライブだけに生息する芸人たちがいる、彼らは「地下芸人」と呼ばれる。そこで「帝王」と呼ばれる孤高の芸人、横須賀歌麻呂。彼は、自らの芸風をストイックに追求する生き様で、地下芸人仲間から畏敬の念をもたれる存在だ。しかし、その現実は厳しい。バイト生活でアパートの家賃もままならない。そして年一回の単独ライブの経費が重くのしかかる。彼の創作意欲を支えるのは、ミューズとも言える一人の女性ファン(柳ゆり菜)。彼女の期待に応えるべく、夜ごとネタ作りに励む横須賀だが、次々に襲いかかる困難のために心身はボロボロになっていく。創作か?破滅か?狂気に取り憑かれた横須賀は、禁断の道に足を踏み入れる。それは、笑いに身を捧げた男が堕ちていく、超妄想劇の始まりだった…

大ヒット番組「Mr.マリック超魔術シリーズ」や、ドラマ「女王の教室」などテレビ番組制作を経て、本作で映画監督デビューを果たした大塚恭司が、実在する孤高の地下芸人の半生を描いた“超妄想スペクタクル作品”主演は、大塚監督をして過去35年間で出会った中で最高におもしろい芸人と言わしめる、本人役の横須賀歌麻呂。横須賀のミューズでもあるヒロインには、グラビアクイーンとして人気を博し、女優としても活躍する柳ゆり菜。ほかに「水曜日のカンパネラ」のコムアイ、俳優の村上淳、占部房子、「人志松本のすべらない話」に抜擢され、地下芸人から奇跡のゴールデンタイム進出を果たしたチャンス大城。人気劇団「カムカムミニキーナ」の看板女優、藤田記子、そして、大塚が岡山県の山中から連れてきた神秘の新人俳優、柴田容疑者など個性あふれる面々が脇を固める。

監督:大塚恭司、出演:横須賀歌麻呂,柳ゆり菜,占部房子

予告編・特報