TOKYOデシベル

辻仁成監督、松岡充×安達祐実×安倍なつみ共演、“音”に魅了された男女の物語

TOKYOデシベル

TOKYOデシベル

2017年 日本 97分

監督:

辻仁成

配給:

タイタン

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://tokyodecibels.com/

劇場公開日:2017-05-20

2017年5月20日(土)より、ユナイテッド・シネマ豊洲他にて公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

大学教授の宙也は、東京中の音を集音し、解析をしている。“東京の音の地図”を作るという、壮大な夢の為に…。そんな宙也の元を、ある日恋人のフミが去った。「私たち、ずっと音がズレてたわ…」。ピアノの調律師をするフミは、宙也との暮らしにも、絶対音感を求めていた。時を同じくして、謎の女マリコが、宙也の前に現れる。「家政婦、承ります」。宙也の心の隙間に入り込み、徐々に距離が縮まる2人。フミとの関係を知ったマリコは、宙也にある提案を持ちかける。それは、フミの生活を盗聴することだった。複雑に絡み合う物語は、やがて壮大な音の地図を奏で始める─。

数々の著書を生み出してきた辻仁成が前作『醒めながらの見る夢』から約2年ぶりに手がけた新作。東京の音の地図を作るという壮大な夢を持つ大学教授が、その妻、謎の女、娘との間に隔たる不毛な世界の不協和音を埋めようと試みる。ロックバンドSOPHIA / MICHAELのボーカル松岡充が、主人公の大学教授を熱演。ダブルヒロインとして、安達祐実、安倍なつみを迎えるほか、LUNA SEA、X JAPANのギタリストSUGIZOが音楽監督として参加する。

監督:辻仁成、出演:松岡充,安倍なつみ,長井秀和

予告編・特報