東京プレイボーイクラブ

場末のサロンを舞台に、トラブルに巻き込まれていく男女の顛末を描いたドラマ

東京プレイボーイクラブ

東京プレイボーイクラブ

2011年 日本 96分

監督:

奥田庸介

配給:

スタイルジャム

ジャンル:

ドラマ/アクション/バイオレンス

公式サイト:

http://tokyoplayboyclub.jp

公開日:2012-02-04

2012年2月4日(土)、渋谷・ユーロスペース、シネマ-ト新宿他にて全国公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

主人公・勝利(大森)は、職場での喧嘩が原因で地方の町を出て東京に流れついた。行くあても頼る人もいない勝利は、昔の仲間・成吉(光石)は経営する寂れたサロン”東京プレイボーイクラブ”に身を寄せて、新しい暮らしを始めようとしていた。一方、毎日をなんとなく過ごしているエリ子(臼田)は、同棲中の貴弘(淵上)とのだらだらした暮らしに少しずつ疑問を感じていた。そしてある日、勝利が、地元で最強と呼ばれる3兄弟と些細なことで揉め事を起こしてしまい、とんでもない大トラブルに発展してしまう。成吉はなんとか揉め事を収拾しようと画策するが、成吉が動けば動くほど事態はどんどんこじれてゆく…。

東京のアンダーグランドを舞台に、些細なケンカが原因でとんでもないトラブルに巻き込まれていく男女3人の顛末を、圧倒的な映像センスとリズム感、そして暴力とユーモアで描き出したドラマ。監督は、ゆうばりファンタスティック映画祭で、『青春墓場~明日と一緒に歩くのだ~』で見事グランプリを受賞した24歳の新鋭・奥田庸介。メインキャストには大森南朋のほか、映画やドラマなど数多くの作品に出演する実力派・光石研、ヒロインには臼田あさ美が迎えられ、三浦貴大から赤堀雅秋、佐藤佐吉らが集結する。

監督:奥田庸介、出演:大森南朋,光石研,臼田あさ美