東京ウィンドオーケストラ

“素人楽団”を招待してしまった島の女性職員の奮闘を描いたハートフルコメディ

東京ウィンドオーケストラ

2016年 日本

配給:

松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://tokyowo.jp

公開日:2017-01-21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

屋久島で日本有数の吹奏楽団を招いたコンサートが開催されることになった。担当の役場職員・樋口が港に迎えに行くと、そこにいたのは観光気分の10人の楽団員たち。だが島をあげての大歓迎を不審に思った彼らは、自分たちが有名オーケストラと間違われていることに感づき、島から逃亡しようとする。同じ頃、彼らが偽物だと気づいた樋口は自分のミスを隠すため、彼らを“本物”としてだまし通すことを決意する─。刻一刻と迫る開演時間。果たして樋口と素人同然のアマチュア楽団員たちは、このピンチを乗り切ることができるのか!?

『滝を見にいく』(沖田修一監督)、『恋人たち』(橋口亮輔監督)につづく、松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクトの第3弾。世界遺産・屋久島を舞台に、有名オーケストラと間違われて島にやってきたアマチュア楽団と、自分のミスで彼らを呼んでしまった町役場の女性職員が、彼らを本物のトップアーティストとしてだまし通そうとする騒動を描いたハート・ウォーミング・コメディ。監督は、東京藝術大学大学院の修了制作として監督した『神奈川芸術大学映像学科研究室』が国内外で注目を集めた新鋭・坂下雄一郎。若手女優・中西美帆が映画初主演を務めるほか、アマチュアオーケストラの楽団員を、ワークショップで選抜された年齢もキャリアもバラバラの新人俳優たちが熱演。さらに小市慢太郎ら実力派が脇を固める。

監督:坂下雄一郎、出演:中西美帆,小市慢太郎,松木大輔