トム・オブ・フィンランド

ゲイアートの先駆者トウコ・ラークソネンの波乱の半生を描いたドラマ

トム・オブ・フィンランド

トム・オブ・フィンランド

TOM OF FINLAND 2017年 フィンランド/スウェーデン/デンマーク/ドイツ 116分

配給:

マジックアワー

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-08-02

2019年8月2日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

同性愛が厳しく罰せられた第二次世界大戦後のフィンランド。帰還兵のトウコ・ラークソネンは、昼間は広告会社で働き、夜は鍵のかかかった自室で己の欲望をドローイングとして表現していた。スケッチブックの中で奔放に性を謳歌しているのは、レザーの上下に身を包み、ワイルドな髭をたくわえた筋骨隆々の男たち――。トウコが仲間とこっそり楽しむために描き続けたそれらの絵は、「トム・オブ・フィンランド」の作家名でアメリカの雑誌の表紙を飾ったことをきっかけに、ゲイ男性たちの希望のイメージとして世界中に広がっていく。

“ゲイカルチャー界のウォルト・ディズニー”とも呼ばれ、フレディ・マーキュリーやアンディ・ウォーホルなど数多のアーティストたちに影響を与えた「トム・オブ・フィンランド」の物語。まだ同性愛が厳しく罰せられた第二次世界大戦後のフィンランドを舞台に、自らの本能的な欲望をドローイングとして表現し続けていたトウコ・ラークソネンが、「トム」と名乗り、アンダーグラウンドからアートの表舞台へと一気に知れ渡り栄光を手にするまでの波乱に満ちた半生を描く。監督は、『トールキン 旅のはじまり』のドメ・カルコスキ。

監督:ドメ・カルコスキ、出演:ペッカ・ストラング,ジェシカ・グラボウスキー,ラウリ・ティルカネン

予告編・特報