烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS

「列車」をモチーフにした、スーパー戦隊シリーズ第38作の劇場版

烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS

烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS

2014年 日本

監督:

竹本昇

配給:

東映

ジャンル:

アクション/特撮

公式サイト:

http://gaim-toq.jp/

公開日:2014-07-19

2014年7月19日(土)ROADSHOW

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

宇宙空間に広がる路線「ギャラクシーライン」。それは「レインボーライン」と同じように、人間の想像力=イマジネーションが生んだ夢の路線であった。しかし、その「ギャラクシーライン」を走るサファリレッシャーが、「シャドーライン」宇宙方面担当のナイル伯爵が乗るクライナーの襲撃を受けた。切り離されてしまった先頭車両のライオン型の烈車は、「レインボーライン」とトッキュウジャーがいる地球に到着するが、エネルギー不足で宇宙へ帰ることができない。エネルギー不足の原因は、人間のイマジネーションが減少しているためだという。人間のイマジネーションを信じるライトは、レディとサファリレッシャーを宇宙へ帰してやろうと、ある作戦を思いつく。しかし、トッキュウジャーの前にナイル伯爵とハウンドシャドーが立ちふさがる…。

「列車」をモチーフにした、スーパー戦隊シリーズ第38作『烈車戦隊トッキュウジャー』の劇場版。過去の記憶を失った若者たちが、溢れる想像力=イマジネーションを武器に、トッキュウジャーとなって、地上を闇に包み込もうとする悪と戦う。劇場版では、新たに宇宙環状線「ギャラクシーライン」と、その路線を走るサファリレッシャーが登場。本作の最大の魅力である、ミニチュアとCGそれぞれの長所を巧みに組み合わせた特撮シーンがふんだんに描かれる。

監督:竹本昇、出演:志尊淳,平牧仁,梨里杏