図書館戦争

人気作家・有川浩の代表作を榮倉奈々・岡田准一主演で実写映画化

図書館戦争

図書館戦争

2013年 日本

監督:

佐藤信介

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ

公開日:2013-04-27

2013年4月27日(土)全国東宝系ロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

正化31年。あらゆるメディアを取り締まる法律「メディア良化法」が施行され、武力も厭わぬ検閲が正当化されていた日本。その検閲に対抗すべく生まれた図書館の自衛組織「図書隊」に笠原郁(榮倉)が入隊。鬼教官の堂上篤(岡田)のツンデレ訓練のもと、郁は女性初の図書特殊部隊に配属され、ハードな訓練と図書館業務をこなしていく。そんななか、小田原の情報歴史図書館が閉館されることになり、その全資料が関東図書隊に移管されることとなる。その資料は、法成立に関わる真実を明るみにするものだと言われており、事実をもみ消したいメディア良化委員会が喉から手が出るほど欲しがるもの。資料受け渡しの日が図書隊と良化隊との全面戦争の日となるのは避けられないものとなってくる…。


人気作家・有川浩の代表作、2006年に刊行され、シリーズ累計300万部を超える超人気作品「図書館戦争」を実写映画化。国家によるメディアの検閲が正当化されている日本を舞台に、検問に対抗すべく生まれた自衛組織「図書隊」に入隊した新米の熱血女性隊員と、彼女を鍛える鬼教官の物語を軸に図書隊の奮闘を描く。メインキャストには岡田准一と榮倉奈々。2人を囲むキャスティングに、栗山千明、福士蒼汰、田中圭、橋本じゅん、西田尚美。そして基地司令役に石坂浩二。監督は『GANTZ』シリーズの佐藤信介。

監督:佐藤信介、出演:岡田准一,榮倉奈々,田中圭